原子吸光分光装置

◆原子吸光分光装置とは?簡単な原理説明



原子吸光分光装置は無機分析に使用される装置です。
無機分析とは?
無機元素分析装置の代表的なものとして、原子吸光、ICP発光分析、およびICP-MS分析があげられます。原子に熱エネルギーを加え励起させた際の吸光を測定に利用したものが原子吸光、発光を利用したものがICP発光、イオン化を利用したものがICP-MSです。励起源としては、原子吸光は化学炎、ICP発光およびICP-MSではプラズマ炎を利用します。これらの装置はユーザーのニーズに合わせて、使い分けられております。

原子吸光分光装置の概要
原子吸光分析法 (Atomic Absorption Spectrometry, AAS) は、試料を原子化し、これに光を透過して吸収スペクトルを測定することで、試料中の元素の同定および定量を行うものです。

原子化にはフレーム原子吸光法、黒鉛炉加熱原子吸光法、水素化物発生原子吸光法などなど、様々な方法を用います。
通常分析対象とするのは溶液ですが、固体試料は適切な試料前処理(技術要)により溶液化した後、測定に供します。
この方法は、ほとんどの金属元素の微量な定量が可能であり、多くの分野で無機質分析の公定法として採用されています。

日本メーカーでは、島津製作所、日立ハイテクサイエンス、海外メーカーでは、アジレント、サーモフィッシャー、パーキンエルマー、アナリティクイエナが製造/販売をしています。

<原子吸光分光装置メーカー比較表>

メーカー 装置への直リンク
(URLをクリック!!)
Web問合せフォーム
島津製作所 原子吸光分光装置
メーカー問い合わせ先
アジレント 原子吸光分光装置 メーカー問い合わせ先
日立ハイテク 原子吸光分光装置 メーカー問い合わせ先
サーモフィッシャー 原子吸光分光装置 メーカー問い合わせ先
パーキンエルマー 原子吸光分光装置 メーカー問い合わせ先
アナリティクイエナ 原子吸光分光装置 メーカー問い合わせ先

メーカーへの問い合わせ方法はこちら
分析機器を安く購入する方法はこちら

より詳しい原理はここ!!
トップページへ戻る



分析機器について調べたことがある方なら感じたことがあるかと思いますが、分析機器についてまとまった情報が掲載されたサイトは少なく、さらにはメーカーや代理店のHPが乱立しているため、目的の分析装置の情報を検索するだけでも一苦労です。 そこで、このサイトでは、分析機器を必要とする方が目的の装置を簡単に探し出せるよう、各分析機器ごとにメーカーを一覧表にまとめ、比較できるようにしました。一覧表は、目的の分析機器を取り扱うメーカーを網羅しております。 また、装置選定の際に必要な分析機器の簡単な原理説明や、詳しく原理を説明してくれているサイトの紹介もしております。

Copyright © 2016 Analyzer Consortium All rights reserved.
このサイトは、分析機器業界に関わる有志で形成された分析機器コンソーシアムが運営しております。分析機器に関する様々な情報を提供することによって、分析機器ユーザーの理解を深め、さらには分析機器の取引を適正化することを目指します。