引き合い優先制度

メーカーと代理店の間には鉄の掟があります。




それは、「引き合い優先制度」です。

ある代理店から来た引き合いは、必ずその代理店を通さないといけないという古い習慣です。

例えば、メーカー甲が代理店A社から引き合いをもらったとします。でも、代理店Aはメーカー甲の装置のことを何も知らない。サポートもできない。ただ引き合いを渡しただけ。この場合でも、必ずメーカー甲は代理店Aを通さないといけないのです。

これはユーザーの皆さんにも悪影響を及ぼす可能性があります。例えば、代理店Aが、メーカー甲、乙の2社に引き合いを持って行ったらどうなるでしょう。代理店Aは、商談がメーカー甲、乙どちらに転んでも利益を上げることができます。つまり、代理店Aにとっては必ず勝てる商談になり、代理店Aは値引きをする必要がなくなるのです。

これを避けるには、1.メーカーに直接問い合わせをする、2、メーカーごとに使う代理店を分ける、という2つの解決方法があります。皆さんがより簡易だと感じられる方を選択いただければと思います。

メーカーへの直接の問い合わせ方法はこちら

トップページへ戻る

分析機器について調べたことがある方なら感じたことがあるかと思いますが、分析機器についてまとまった情報が掲載されたサイトは少なく、さらにはメーカーや代理店のHPが乱立しているため、目的の分析装置の情報を検索するだけでも一苦労です。 そこで、このサイトでは、分析機器を必要とする方が目的の装置を簡単に探し出せるよう、各分析機器ごとにメーカーを一覧表にまとめ、比較できるようにしました。一覧表は、目的の分析機器を取り扱うメーカーを網羅しております。 また、装置選定の際に必要な分析機器の簡単な原理説明や、詳しく原理を説明してくれているサイトの紹介もしております。

Copyright © 2016 Analyzer Consortium All rights reserved.
このサイトは、分析機器業界に関わる有志で形成された分析機器コンソーシアムが運営しております。分析機器に関する様々な情報を提供することによって、分析機器ユーザーの理解を深め、さらには分析機器の取引を適正化することを目指します。