赤外顕微鏡

◆赤外顕微鏡(顕微IR、顕微FTIR)とは?簡単な原理説明

メーカーによって赤外顕微鏡、顕微IR、顕微FTIRなど様々な呼び方をされていますが同じ装置です。また、大まかな原理はFTIRと同じですが、赤外線をアパーチャーやカセグレンを使用することで試料に集光し、高感度半導体検出器で吸収光(透過または反射光)を検知します。これによりFTIRと違い、顕微IRはマイクロサイズの測定部位の赤外吸収スペクトルを測定することが可能です。
主な用途は、ゴム、プラスチック、繊維、生物試料等の微細なサンプルの定性・定量であり、非破壊・非接触で測定を行うことも可能です。 また、一部の装置では、画像的な処理(イメージングやマッピング)を行うことも可能で、物質の分散や濃度分布などの用途にも使用されています。

日本メーカーでは、日本分光、島津製作所、海外メーカーではアジレント、ブルカー、パーキンエルマー、サーモフィッシャーが製造/販売をしています。

価格帯は500万〜3000万ほどで、オプションによって様々です。

赤外顕微鏡は各メーカーにより、装置の販売形態が異なります。そこでここでは赤外顕微鏡を以下のように2通りの方法で分類しました。

分類1>>複合型赤外顕微鏡、一体型赤外顕微鏡
複合型とは、 FTIR本体と結合して使用するものです。顕微鏡側には光源や干渉計、レーザーといったものが備わっていないため、顕微鏡単体では測定を実施することができません。(FTIRのページはこちら
対して、一体型とは、赤外顕微鏡のみで使用するものです。顕微鏡側に全ての光学系が含まれているため、顕微鏡単体で測定を実施することができます。

分類2>>マッピング、イメージング
 多くの赤外顕微鏡は、測定結果を画像として得ることが可能です。その画像を得るための方法として、大きく分けるとマッピングとイメージングの2種類があります。
 マッピングは一つの素子(ポイントディテクタ、検出に使われる素子が1つということ)を用いて検出を行います。そして、その素子を使って得た小さな画像を張り合わせて1つの大きな画像を構築します。
 対してイメージングはリニア型の素子群、またはエリア型の素子群を使用して検出を行います。
 イメージングは1回に複数の素子を使用して検出を行っていくため、1つの素子で検出を行うイメージングより圧倒的にスピードが速いという特徴を持っています。しかしながら、リニア型またはエリア型の検出器は非常に高価なため、イメージング可能な装置はマッピング可能な装置に比べ、価格が2倍から3倍になります(イメージング装置は定価ベースで2000万円〜)



<一覧表>

<複合型赤外顕微鏡>

メーカー 装置HP Web問合せ 参考価格
日本分光

IRT-7100/7200

IRT-5200

問い合わせ先 ¥2,500,000~
島津製作所 AIM-9000 問い合わせ先 調査中
アジレント

<販売終了>

Cary 620 FTIR

Cary 610 FTIR

問い合わせ先 調査中
サーモフィッシャー Continuum 問い合わせ先 調査中
パーキンエルマー

Spotlight400

Spotlight150i, 200i

問い合わせ先 調査中
ブルカー HYPERION 問い合わせ先 調査中

メーカーへの問い合わせ方法はこちら
分析機器を安く購入する方法はこちら

<一体型赤外顕微鏡>

メーカー 装置HP Web問合せ 参考価格
サーモフィッシャー iN10iN10MX 問い合わせ先 ¥9,400,000~
ブルカー LUMOS II 問い合わせ先 ¥11,400,000~
日本分光 販売なし  –
島津製作所 販売なし – 
アジレント 販売なし – 
パーキンエルマー 販売なし – 

※iN10MX、iN10は、サーモフィッシャーのFTIRと組み合わせて複合型としても使用できます。(FTIRのページはこちら

メーカーへの問い合わせ方法はこちら
分析機器を安く購入する方法はこちら

<マッピング(イメージングなし)>

メーカー 装置HP Web問合せ 参考価格
日本分光 IRT-5200 問い合わせ先  調査中
島津製作所 AIM-9000 問い合わせ先  調査中
アジレント

<販売終了>

Cary 610 FTIR

問い合わせ先  調査中
サーモフィッシャー ContinuumiN10 問い合わせ先  調査中
パーキンエルマー

Spotlight150i

Spotlight200i

問い合わせ先

¥8,200,000~

¥ 9,800,000~

(FTIR本体付き)

ブルカー LUMOS  II 問い合わせ先 ¥11,400,000~

メーカーへの問い合わせ方法はこちら
分析機器を安く購入する方法はこちら

<イメージング可能>

メーカー 装置HP Web問合せ 参考価格
日本分光 IRT-7100/7200 メーカー問い合わせ先 調査中
島津製作所 販売なし
アジレント Cary 620 FTIR メーカー問い合わせ先 調査中
サーモフィッシャー iN10MX メーカー問い合わせ先 調査中
パーキンエルマー Spotlight400 メーカー問い合わせ先 調査中
ブルカー HYPERION メーカー問い合わせ先 調査中

メーカーへの問い合わせ方法はこちら
分析機器を安く購入する方法はこちら

<近赤外イメージング>

メーカー 装置HP Web問合せ 参考価格
パーキンエルマー Spotlight 400N 問い合わせ先  調査中

<メーカー別総合ページ比較一覧>

メーカー 装置への直リンク
(URLをクリック!!)
Web問合せフォーム
日本分光 顕微FTIR総合
メーカー問い合わせ先
島津製作所 顕微FTIR総合 メーカー問い合わせ先
アジレント 顕微FTIR総合 メーカー問い合わせ先
サーモフィッシャー 顕微FTIR総合 メーカー問い合わせ先
パーキンエルマー 顕微FTIR総合
メーカー問い合わせ先
ブルッカー 顕微FTIR総合 メーカー問い合わせ先
HORIBA 終了

メーカーへの問い合わせ方法はこちら
分析機器を安く購入する方法はこちら

主な用途
マイクロサイズの測定
例えば、不良品の解析、混入異物の同定、製品性能評価、開発品の組成分析、生体組織イメージング等

詳しい原理はここを参照

トップページへ戻る


分析機器について調べたことがある方なら感じたことがあるかと思いますが、分析機器についてまとまった情報が掲載されたサイトは少なく、さらにはメーカーや代理店のHPが乱立しているため、目的の分析装置の情報を検索するだけでも一苦労です。 そこで、このサイトでは、分析機器を必要とする方が目的の装置を簡単に探し出せるよう、各分析機器ごとにメーカーを一覧表にまとめ、比較できるようにしました。一覧表は、目的の分析機器を取り扱うメーカーを網羅しております。 また、装置選定の際に必要な分析機器の簡単な原理説明や、詳しく原理を説明してくれているサイトの紹介もしております。

Copyright © 2016 Analyzer Consortium All rights reserved.
このサイトは、分析機器業界に関わる有志で形成された分析機器コンソーシアムが運営しております。分析機器に関する様々な情報を提供することによって、分析機器ユーザーの理解を深め、さらには分析機器の取引を適正化することを目指します。