ICP質量分析装置

◆ICP質量分析装置とは?簡単な原理説明

ICP質量分析装置は無機分析に使用される装置です。
無機分析とは?
無機元素分析装置の代表的なものとして、原子吸光、ICP発光分析、およびICP-MS分析があげられます。原子に熱エネルギーを加え励起させた際の吸光を測定に利用したものが原子吸光、発光を利用したものがICP発光、イオン化を利用したものがICP-MSです。励起源としては、原子吸光は化学炎、ICP発光およびICP-MSではプラズマ炎を利用します。これらの装置はユーザーのニーズに合わせて、使い分けられております。

ICP質量分析装置(ICP-MS)の概要
高温の誘導結合プラズマ(ICP)中に、霧状にした試料を噴霧しすることで、試料の元素は脱溶媒、気化、原子化の工程を経てイオン化されます。
そのイオン化された原子を質量分析計(MS)に導入し、質量/電荷数(m/z)に応じて分離することで、個々の元素を定性・定量することが可能です。
多元素同時測定が可能であり、材質中の金属元素の定量分析はもちろんのこと、定性/半定量分析として広く用いられています。

四重極型と二重収束型の違いは?
質量分析計には、四重極型と二重収束型のものがあります。
四重極型ICP-MSは広く使用されているICP-MSです(市場のシェア90%とも言われる)。質量分解能が低いことから、分子イオンや同重体イオンのスペクトル干渉が問題となる場合があります。しかしながら、低電圧の下で高感度分析が可能であり、小型で操作性に優れています。
 一方、二重収束型ICP-MSは、扇形電場と扇形磁場を組み合わせた質量分析計です。最大のメリットは高感度・高分解能。分解能数千~1万の測定ができ、四重極型ICP-MSのスペクトル干渉という問題を解消できます。

取扱メーカーは?
日本メーカーでは、島津製作所、日立ハイテク、海外メーカーでは、アジレント、サーモフィッシャー、パーキンエルマーが製造/販売をしています。

ICP発光分光装置はこちら

最新の技術動向について
バイオ分野への応用が期待されています。
ICP-MSシングルセル法



<ICP質量分析装置メーカー一覧表>

四重極型
メーカー 装置への直リンク
(URLをクリック!!)
Web問合せフォーム
島津製作所 ICPMS-2030 問い合わせ先
アジレント Agilent 8900Agilent 8800 、Agilent 7900Agilent 7800 問い合わせ先
サーモフィッシャー iCAP™ RQ 問い合わせ先
パーキンエルマー NexION 問い合わせ先

メーカーへの問い合わせ方法はこちら
分析機器を安く購入する方法はこちら

二重収束型
メーカー 装置への直リンク
(URLをクリック!!)
Web問合せフォーム
日立ハイテク SPECTRO MS 問い合わせ先
サーモフィッシャー ELEMENT 2™ELEMENT XR™ 問い合わせ先
ICP-MS総合
メーカー 装置への直リンク
(URLをクリック!!)
Web問合せフォーム
島津製作所 ICP質量分析装置総合 問い合わせ先
アジレント ICP質量分析装置総合
問い合わせ先
日立ハイテク ICP質量分析装置総合 問い合わせ先
サーモフィッシャー ICP質量分析装置総合 問い合わせ先
パーキンエルマー ICP質量分析装置総合 問い合わせ先

広告を載せませんか?
分析機器.comに広告を掲載しビジネスを拡大させませんか?
このサイトは分析機器に興味を持つ多くの方々に活用されています。
広告掲載のお問い合わせはこちらまで

下記の情報もご参照ください。

ICP質量分析装置のアプリケーションノートはこちら
ICP発光分析装置はこちら
メーカーへの問い合わせ方法はこちら

トップページへ戻る

 



分析機器について調べたことがある方なら感じたことがあるかと思いますが、分析機器についてまとまった情報が掲載されたサイトは少なく、さらにはメーカーや代理店のHPが乱立しているため、目的の分析装置の情報を検索するだけでも一苦労です。 そこで、このサイトでは、分析機器を必要とする方が目的の装置を簡単に探し出せるよう、各分析機器ごとにメーカーを一覧表にまとめ、比較できるようにしました。一覧表は、目的の分析機器を取り扱うメーカーを網羅しております。 また、装置選定の際に必要な分析機器の簡単な原理説明や、詳しく原理を説明してくれているサイトの紹介もしております。

Copyright © 2016 Analyzer Consortium All rights reserved.
このサイトは、分析機器業界に関わる有志で形成された分析機器コンソーシアムが運営しております。分析機器に関する様々な情報を提供することによって、分析機器ユーザーの理解を深め、さらには分析機器の取引を適正化することを目指します。