各メーカー紹介

各メーカーの紹介(工事中)

logo

パーキンエルマージャパン(perkinelmer)
精密光学機器の専門メーカーとしてスタートし、現在は、分析機器、ライフサイエンス装置等、様々な装置を扱う。良くも悪くも老舗というイメージの会社。本社はアメリカ合衆国マサチューセッツ州。70年以上の歴史を持ち、世界トップクラスのシェアを誇っています。

logo”

サーモフィッシャー
言わずと知れた業界の巨人Thermo Fisher Scientific。業界を激震させる圧巻のM&Aで、様々な分野のトップ企業を手中に収めてきた。分析機器のみならず、圧倒的な製品群を誇り、大学、バイオ関連企業、医薬関連企業、病院、臨床診断ラボ、政府機関、研究所など様々なユーザーにサービスを提供する。
マサチューセッツ州ウォルサムに本社を置くグローバル企業であり、150ヶ国で事業を展開、50,000人を超えるスタッフ、2兆円億を超える売り上げを誇る。

logo

ブルカー
扱う装置ごとに、ブルカー・バイオスピン、ブルカー・エイエックスエス、ブルカー・ダルトニクス、ブルカー・オプティクスと会社が変わる。例えば、本サイトで紹介しているFTIRや顕微IRはブルカー・オプティクス、GC/MS、LC/MSはブルカー・ダルトニクスの製品である。(M&Aの結果であるのは言わずもがな)
全世界で6000名以上のスタッフ、90カ国でビジネスを展開している。総合分析機器メーカーであるが、特にNMRは強く、世界トップシェアを誇る。

logo

日本分光
日本の分光装置と言ったら日本分光。別名JASCO(スーパーマーケットではありません。)。赤外、可視、紫外等の分光器やHPLCなどの分析機器を扱う。その規模の割に、資本金が9000万円という、不思議な会社でもある。

logo
島津製作所
京都府京都市に本社を置く、島津製作所。計測・分析機器、医用機器、航空・産業機器事業等を展開を展開している。特に、質量分析計は世界トップクラスのシェアを誇る(ノーベル賞受賞者:田中 耕一さんのおかげ)。

logo
日立ハイテクサイエンス
元セイコーインスツル株式会社の科学機器事業部門。現在は日立ハイテクノロジーズの子会社。日本企業には珍しい海外企業並みのM&Aの結果、安定の日立グループの一員に。

logo

日本電子
世界に誇る日本の電子顕微鏡メーカー。
logo

堀場製作所

logo

アジレント

 

分析機器について調べたことがある方なら感じたことがあるかと思いますが、分析機器についてまとまった情報が掲載されたサイトは少なく、さらにはメーカーや代理店のHPが乱立しているため、目的の分析装置の情報を検索するだけでも一苦労です。 そこで、このサイトでは、分析機器を必要とする方が目的の装置を簡単に探し出せるよう、各分析機器ごとにメーカーを一覧表にまとめ、比較できるようにしました。一覧表は、目的の分析機器を取り扱うメーカーを網羅しております。 また、装置選定の際に必要な分析機器の簡単な原理説明や、詳しく原理を説明してくれているサイトの紹介もしております。

Copyright © 2016 Analyzer Consortium All rights reserved.
このサイトは、分析機器業界に関わる有志で形成された分析機器コンソーシアムが運営しております。分析機器に関する様々な情報を提供することによって、分析機器ユーザーの理解を深め、さらには分析機器の取引を適正化することを目指します。