ラマン

◆ラマン分光とは?簡単な原理説明

ラマン分光法とは?
入射光と異なった波長をもつ光(ラマン散乱光)の性質を調べることにより、物質の分子構造や結晶構造などを知る手法である。分子の分極率を利用しているため、分子内に極性を持たない金属単体などは検出できないが、有機化合物・無機化合物の測定に広く使用されている。

ラマン分光装置の種類は?
ラマン分光装置はその原理から2種類に分類される。一つは分散型、もう一つはフーリエ変換型である。
分散型ラマン分光装置では、まず励起レーザーをサンプルに照射する。発光した錯乱光のうち、レイリ―錯乱をフィルターでカットしラマン錯乱のみ通過させる。通過したラマン錯乱光を分光器によって分光し、CCDカメラにて検出する(図1参照)。この分散型は顕微鏡付きのラマン分光装置、所謂顕微ラマンに用いられている原理であり、顕微ラマンでは2次元の画像処理も可能である。
フーリエ変換型(別名:FT-ラマン)は、まず励起レーザーをサンプルに照射する。発光した錯乱光のうち、レイリ―錯乱をフィルターでカットしラマン錯乱のみ通過させ、干渉計で変調しインターフェログラムとして放出する。それをInGaAsなどの検出器で検出し、フーリエ変換してスペクトルとする。

raman
図1:分散型ラマン光学系

より詳しい原理はこちら

FTIRとの違いは?
ラマン分光法と類似した分光法に赤外分光法がある。ラマン分光法が分子にレーザーを当てた際のラマン錯乱という現象を用いているのに対し、赤外分光法では分子による赤外光の吸収という現象を用いている。両者とも有機化合物・無機化合物の測定に使用できるが、前者は分子の分極率、後者は分子の双極子モーメントの変化が必要なため、分子内に極性を持たない金属単体などは検出できない。両者は一見すると競合する性能も多いが、補完関係にあるため、FTIRラマン複合機として販売されることもある。

FTIRのページへ

扱っているメーカーは?
顕微ラマン装置を取り扱っているメーカーは、ブルカーをはじめ、堀場製作所、日本分光、サーモフィッシャー、島津製作所があげられる。

価格帯は?
1000万円代から2000万円代




>>メーカー一覧表
<分散型ラマン>

メーカー 装置への直リンク
(URLをクリック!!)
Web問合せフォーム
ブルカー SENTERRA II メーカー問い合わせ先
堀場製作所 ラマン分光装置 メーカー問い合わせ先
日本分光 NRS-5000/7000
seriesNRS-4500

RMP-500

メーカー問い合わせ先
サーモフィッシャー DXR2シリーズ メーカー問い合わせ先
レニショー ラマン分光光度計 メーカー問い合わせ先
日立ハイテクサイエンス ラマン分光装置 メーカー問い合わせ先

FTIRはこちら
メーカーへの問い合わせ方法はこちら
分析機器を安く購入する方法はこちら

<フーリエ変換型ラマン>

メーカー 装置への直リンク
(URLをクリック!!)
Web問合せフォーム
ブルカー MultiRAM メーカー問い合わせ先
堀場製作所 調査中 調査中
日本分光 RFT-6000 メーカー問い合わせ先
サーモフィッシャー 調査中 調査中
島津製作所 調査中 調査中

<その他ポータブル型、分光器等>

メーカー 装置への直リンク
(URLをクリック!!)
Web問合せフォーム
オーシャンオプティクス QEPro-Raman サイエンティフィックグレード分光器 問い合わせ先
東京インスツルメンツ プローブラマン分光装置 問い合わせ先


FTIRはこちら
メーカーへの問い合わせ方法はこちら
分析機器を安く購入する方法はこちら

トップページへ戻る


 

分析機器について調べたことがある方なら感じたことがあるかと思いますが、分析機器についてまとまった情報が掲載されたサイトは少なく、さらにはメーカーや代理店のHPが乱立しているため、目的の分析装置の情報を検索するだけでも一苦労です。 そこで、このサイトでは、分析機器を必要とする方が目的の装置を簡単に探し出せるよう、各分析機器ごとにメーカーを一覧表にまとめ、比較できるようにしました。一覧表は、目的の分析機器を取り扱うメーカーを網羅しております。 また、装置選定の際に必要な分析機器の簡単な原理説明や、詳しく原理を説明してくれているサイトの紹介もしております。

Copyright © 2016 Analyzer Consortium All rights reserved.
このサイトは、分析機器業界に関わる有志で形成された分析機器コンソーシアムが運営しております。分析機器に関する様々な情報を提供することによって、分析機器ユーザーの理解を深め、さらには分析機器の取引を適正化することを目指します。