X線回折装置(XRD)

◆X線回折装置(XRD)とは?
簡単な原理説明と装置の紹介



X線回折装置とは?
X線回折装置(XRD)とは,試料にX線を照射した際に生じる散乱、干渉の結果起こる回折を解析することにより、物質の同定や結晶の構造分析(原子間距離や配位数など)を行うことができる装置である。

X線回折装置の原理は?
原子が規則正しく配列されている物質にX線が入射すると、散乱したX線は干渉し合い、特定の方向で強め合う、回折現象を生じる。これは、各位置で散乱されるX線の光路差が、X線の波長の整数倍になっていると、波の位相が一致するため、波の振幅が大きくなるためである(下記の図を参照)。各物質は特有の規則性を持つ結晶をつくるため、X線回折では化合物の種類を調べることが可能である。また、結晶サイズや結晶化度、分子の三次元構造の評価を行うこともできる。

xrd2d sinθ=nλ

図1 X線回折の原理とブラッグの式

装置の原理や分析テクニックについてより詳しくは以下のHPを参照ください。

より詳しい原理はこちら!!

X線回折装置の取扱メーカーは?
リガク、ブルカーAXS、スペクトリス(パナリティカル)、島津製作所が取り扱っております。

X線回折装置メーカー比較表>

メーカー 装置名 Web問合せ 参考価格
リガク RINT
R-AXIS/FRD
SmartLab
Mini Flex
問い合わせ先 調査中
ブルカーAXS SMART APEXⅡ
D8 ENDEAVOR
D8 QUEST
D8 VENTURE
D8 ADVANCE
D8 DISCOVER
D8 FABLINE
D2 Phaser/Phaser2
問い合わせ先 調査中
スペクトリス(パナリティカル) X`Pert Powder
X`PertPRO-MRD/MRD XL
Empyrean
問い合わせ先 調査中
島津製作所

XRD-6100
XRD-7000

問い合わせ先 調査中

 

メーカーへの問い合わせ方法はこちら
分析機器を安く購入する方法はこちら

トップページへ戻る




分析機器について調べたことがある方なら感じたことがあるかと思いますが、分析機器についてまとまった情報が掲載されたサイトは少なく、さらにはメーカーや代理店のHPが乱立しているため、目的の分析装置の情報を検索するだけでも一苦労です。 そこで、このサイトでは、分析機器を必要とする方が目的の装置を簡単に探し出せるよう、各分析機器ごとにメーカーを一覧表にまとめ、比較できるようにしました。一覧表は、目的の分析機器を取り扱うメーカーを網羅しております。 また、装置選定の際に必要な分析機器の簡単な原理説明や、詳しく原理を説明してくれているサイトの紹介もしております。

Copyright © 2016 Analyzer Consortium All rights reserved.
このサイトは、分析機器業界に関わる有志で形成された分析機器コンソーシアムが運営しております。分析機器に関する様々な情報を提供することによって、分析機器ユーザーの理解を深め、さらには分析機器の取引を適正化することを目指します。